海外などへ旅行に行くときには海外旅行保険に加入してから行こう

国内との違い

保険会社の女性

海外旅行とは違って、国内旅行の場合は保険に入らないという人も多いです。
一番心配なのは、海外旅行の場合、現地で病気や怪我で入院や手術になった際にかかる費用です。
もちろん日本の健康保険は使用できず、病院の相場も日本とはまったく違います。
例を挙げれば、日本では救急車を呼ぶのは無料ですが、国によっては有料になっているところもあります。
海外で高額なところでは、入院1日で10万円以上必要になるところもあります。
クレジットカードに補償がついているところもあります。
その場合は空港などに行く際に乗った交通費の料金もしくは旅行会社のツアーの料金をその会社のクレジットカードで支払うことで保険が適用されます。
その会社によって条件は違ってきますので確認しておきましょう。

もし海外で治療を受けたら費用はどのくらいかかるのか知らない方も多いと思います。
よく海外の医療費は高いとよくいわれています。
もちろん怪我や手術の程度によりますが、日本で受ける際の数倍から数十倍もの費用がかかる場合があります。
また歯なども補償の対象になっているプランもあります。
保険の補償に歯を加えたら当然保険料は高くなります。
虫歯がなく歯も痛くないからいらないと思うかもしれませんが、もし現地で急に痛くなったり、転んだりして歯をぶつけて欠けてしまっても補償されません。
よく時間がなく空港で海外旅行傷害保険に加入するという方がいますがそれは止めておいたほうがいいです。
よく考える時間もなく何の補償がある分からないからです。